fc2ブログ

Entries

シカゴ大豆30日 11月限17631/2(+101/2)1月限17571/2(+15)9月限は史上最高値更新の17803/4まで上昇しています。11ドルを基準の1.618フィナボッチ数$17.80に応答してきています。これを超えて来るようなら$18.33ということになります。大豆の収穫まで3週間程必要ですが、ハリケーンアイザックの雨は暴風の被害がなければ大豆の生育にとっては良い雨となりそうです。ドル円 O78....

シカゴ大豆29日 11月限1753(+303/4)1月限17421/2(+28)ロシア小麦の輸出制限観測や、中東ヨルダン・サウジ向け小麦の大口成約など小麦が主導で穀物全般に上昇しています。今月末でトレード終了となる9月限でデリバリーがないことも上昇要因となっています。9月3日がレイバーデイで休場となりますが、高値維持となるかは収穫量次第となってきます。中国が備蓄大豆40万トン放出する予定ですが、今年は噂さ...

シカゴ大豆28日 11月限17221/4(+31/2)1月限17141/2(+31/4)中国が11万トンを買い付けています。台湾が米国産とブラジル産大豆を合計17万8千トン買いの情報もあって堅調となっています。週末にはレイバーデイの休暇があり積極的な取引は少ない状況です。ハリケーンのアイザックが主産地を直撃の進路予想となっており、大豆にとって作柄の改善となれば良いのですが、アイザックの速度は遅く暴風の被害が心配...

シカゴ大豆27日 9月限17293/4(-73/4)11月限17183/4(-123/4)1月限17111/4(-13)ハリケーン、アイザックが近づいていることから産地の降雨期待感や記録的なファンドのロングに対する警戒感から下げています。広範囲に降雨が期待されていますが、収穫の始まったコーンにとっては遅すぎました。相場的にはFRBのバーナンキ議長のコメントを待つ展開となっていますが、上海株は年初来安値で中国関連では...

サイクリング雷鳥バレー

雷鳥バレースキー場にヒマワリが沢山咲いているそうで観に行ってきました。いつものごとく猛暑なので、出来るだけ距離短縮するため富山市街地を通って月岡から上滝に向かいます。上滝からは、常願寺川の西側、県道43号を通ります。かなりのアップダウンが15キロ続きます。この坂が本宮の上り、10%が続きます。雷鳥バレースキー場のヒマワリ。草丈は60センチほどと低い品種でしょうか。この日はちょうど立山山麓音楽祭が行...

シカゴ大豆23日 9月限17271/4(-203/4)11月限1715(-123/4)1月限1706(-9)今日オプション取引最終日、一旦利食い先行で下げています。プロファーマ社の作柄視察では、イリノイ州のコーンの単収に大きく差が出ており、最多の単収の圃場と2番目に悪い圃場とは距離にして24キロしか離れていないようです。大豆の単収は発表されていませんが、サヤ数(91×91センチ正方)では、イリノイ州で944...

シカゴ大豆22日 9月限1748(-51/2)11月限17273/4(-43/4)1月限1715(-51/2)ファンドの一旦の利食いにより下げています。米国では期末で現物が品薄となっており、エレベーターによっては18ドルになっているところもあるようです。中国でも米国系の搾油業者の強い買いで現物薄となっているようで、現物価格を見ると強気の相場は維持されます。ドル円 O79.27 高79.37(8/2217時)安78...

シカゴ大豆21日 9月限17531/2(+493/4)11月限17321/2(+49)1月限17201/2(+463/4)プロファーマ社の視察が続いていますが、現状は厳しく、インディアナ州のコーンに関しては単収が82.5Buという数字も出ており、8月の作物年度末で現物高もあり大きく上昇、高値更新となっています。米国の32州で旱魃災害警戒の状況で未曾有の事態に加えて需要も強い状況、18ドル超えの可能性も十分。南米でも...

シカゴ大豆20日 9月限17033/(+323/4)11月限16831/2(+373/4)1月限16733/4(+363/4)プロファーマ社の作柄視察では、大豆の単収はそれほど悪くはなさそうという発表ですが、サヤ当たりの豆の数は少なめの様です。コーンは灌漑設備のあるところは悪くはなさそうですが、サウスダコタ州では単収が15Buという話や、インディアナ州の主産地のフォートウェインでも40Buなどの悪い数字が出ています。...

時々行く箕輪の発電所ダムのダイモンジソウがどうなったか観に行ってきました。滑川のウェーブパークまでは海沿いを走り、ウェーブパークから11.8キロ山に向かってじわじわ上ります。発電所ダムです。この辺りは標高は高くないので気温も32・3℃位でかなり暑いです。すでに、花は終わっていました。花が咲かない群落もあるようですが今からは咲かないと思いますが。帰り道は一旦馬場島へ向かって、途中から峠を越え上市へ降...

シカゴ大豆15日 9月限16593/4(+361/4)11月限16341/2(+361/2)1月限16251/2(+323/4)薄商いの中、南米産地での乾燥懸念や米国指標の数字も良かったことから買い優勢となり上げています。ドル円 O78.72 高79.04(8/1521時)安78.59(8/1521時)C78.97(一日内高安0.45・前日比0.25円安)シカゴ大豆16日 9月限16561/4(-31/2)11月限16251/4(-9...

シカゴ大豆14日 9月限16231/2(+11/4)11月限1598(-23/4)1月限15923/4(-3)市場はかなりの薄商いとなっています。米国7月の搾油量も事前の予想を上回って来ましたが、ファンドの売りで上値は重い状況となっています。プロファーマ社の作柄ツアーが来週から始まりますが、予想が正確なプロファーマ社の調査、どのような数字となるか、弱気な予想が出て来るようなことがあれば買いとなりますが、8月末...

シカゴ大豆13日 9月限16221/4(-51)11月限16003/4(-43)1月限1595(-393/4)コーンがテクニカル的に弱気に反転、小麦発表は弱気、産地では週末にまとまって雨が降ったようで大きく下げていますが、まだ弱気入りではなく指値までにはなりません。大豆の作柄が1%だけ改善したようですが、サプライヤ達は単収が見込みより10~15%ほどためショートする危険性があるとのこと。気象庁がペルー沖中...

明日から16日までお盆休みです。登山に行こうと思っていましたが、天候が良くないのであきらめです。シカゴ大豆10日 9月限16731/4(+181/2)11月限16433/4(+121/2)1月限16351/2(+183/4)USDA需給報告では、大豆が米国産平均で昨年の41.5Bu/Aから36.1Bu/Aへと-13%もの大幅減となっています。しかし、事前の予想よりも良かったことで、ストップ高にはなりませんでした。各州別の単収では...

サギソウが咲いて来ました。全部で14の白鷺が飛びそうです。シカゴ大豆9日 9月限16543/4(+543/4)11月限16311/4(+50)1月限16163/4(+423/4)大きく上げています。今晩発表のUSDA需給報告の数字に対するネガティブな反応や、欧州中央銀行の追加緩和期待のユーロ安商品高などが要因です。需給報告の発表前に大きく上げた場合、発表当日に大きく下げることは過去になく、発表される数字は気になるところ...

シカゴ大豆8日 9月限1600(+231/2)11月限15811/4(+151/2)1月限1574(+123/4)米国産地の7月の気温が史上最高となったことや、今後降雨予報が無くなったこと、JPモルガンのコーンのコールオプション買いなどから買い戻されています。明日金曜日のUSDA発表の数字次第では、大幅高も安もある可能性。ドル円 O78.59 高78.66(8/86・7時)安78.24(8/819時)C78.42(一日内高...

シカゴ大豆7日 9月限15761/2(-16)11月限15653/4(-181/2)1月限15611/4(-211/4)南米ブラジル産の大豆作付面積拡大で収穫見込みを7800万トンに上方修正となったことや、USDA需給報告を前にポジション解消の動きとなり下げています。ファンドは8000枚を売っています。金曜日の需給報告と中国の結果次第でどうなるか。ドル円 O78.22 高78.74(8/82時)安78.15(8/79時)...

シカゴ大豆6日 9月限15921/2(-431/4)11月限15841/4(-441/2)1月限15821/2(-421/2)中国が40万トンの備蓄大豆を開放した事、輸出成約高が振るわないこと、ユーロ圏問題の一時後退していることでリスクマネーが抜けたこと、今週のUSDAの報告前に取引が控えられていることなどから下げています。産地の天候は高温が収まりつつありますが、このまま下げていくことはなく、指値で決めていくことが良い...

2週続けて立山方面へ。剱親自然公園へ走って来ました。立山町極楽寺、ここから7キロ上ります。上市川第2ダム。この奥に公園があります。この辺りはウグイスが鳴き、セミも鳴き、赤とんぼが飛んでいます。気温は3℃ほど低め。この暑さはいつまで続くのか。走行距離58.5キロ。シカゴ大豆3日 9月限16353/4(+121/4)11月限16283/4(+121/4)1月限1625(+143/4)民間予想会社が大豆の単収を35.8B...

シカゴ大豆2日 9月限16231/2(-151/4)11月限16161/2(-121/2)1月限16101/4(-101/2)FOMCも欧州中央銀行理事会も具体的な政策発表はありませんでした。今晩米国雇用統計がありますが、雇用統計の結果がFRBの追加緩和策の可能性及び時期を探る手がかりとなるという見方もあり、雇用統計の結果次第で相場が大きく動いて来る可能性も。8月10日のUSDAが実際にした単収の結果がどうなるかが注目で、事...

Appendix

プロフィール

チュウベイ

Author:チュウベイ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

GUEST

オンライン

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR