fc2ブログ

Entries

シカゴ大豆28日 5月限14043/4(-49)7月限13851/2(-451/2)1月限12561/4(-261/4)注目のUSDA四半期在庫は米国産大豆9億9900万Buと事前予想を上回る数字となったこと、作付意向面積が7712万6000エーカーと記録的な数字となっていることから大きく下げています。この冬は寒かったことでコーン、大豆ともまだ播種は出来ませんが、今後播種が遅れれば遅れるほど大豆は作付面積を増やす可能...

シカゴ大豆27日 5月限14533/4(+6)7月限1431(+41/2)1月限12821/2(+11/2)中国の数杯分の大豆購入の情報や、今晩のUSDA四半期在庫がかなりの強気となりそうなことから上げています。四半期在庫は3月1日時点での予想は9億3500万Buとなっていますが、12月時点の昨年対比-17%と比べると-32%と更に大きく落ち込みとなりますがどんな数字が出て来るのか。金曜日はイースター休暇のため休場と...

シカゴ大豆26日 5月限14473/4(+101/2)7月限14261/2(+9)薄商いの中、NYダウが強いことや大連定期が堅調であることなどから上げています。中国は備蓄大豆を記録的な多さとしているとのこと。28日のUSDA発表まで動意が乏しい状況ですが、四半期在庫は9年ぶりの低水準となる予想となっています。ドル円 O94.14 高94.61 安93.87 C94.46(一日内高安0.74・前日比0.32円安)...

シカゴ大豆25日 5月限14371/4(-31/4)7月限14171/2(-01/2)1月限12731/4(+5)キプロスの問題が依然としており、シカゴは薄商いとなっています。3月28日のUSDA四半期在庫及び作付意向発表を前にした農家が現物を売り急いでいるという情報もあるようです。USDA四半期在庫は強気の数字が予想されていますが、作付面積の数字次第では農家の売りが加速する可能性も出て来ます。ドル円 O94.55 高9...

シカゴ大豆22日 5月限14401/2(-81/2)7月限1418(-71/2)1月限12681/4(-111/4)インフォーマ社は2013年米国産大豆の作付面積を7845万7000エーカーと予測しています。1月の予測からは下方修正しているものの過去最高は変わらず、28日はUSDA作付意向発表がありますが、同様の数字が出るようなら軟調となる見込み。ドル円 O94.91 高95.13 安94.20 C94.55(一日...

春になってウチの庭の花が増えて来ました。キクザキイチゲが開花しました。シカゴ大豆21日 5月限1449(+291/4)7月限14251/2(+261/4)1月限12791/2(+133/4)下げた後の買いが入ってあげています。ファンドは8000枚を買っています。今晩インフォーマ社が作付面積を発表しますが米国産大豆の作付面積は過去最高となる見込み。ブラジルの港湾ストライキは、ブラジル政府と港湾労働組合がストライキ中止...

シカゴ大豆19日 5月限14063/4(-23/4)7月限1388(-61/2)シカゴ大豆20日 5月限14193/4(+13)7月限13991/4(+111/4)1月限12653/4(+51/2)14ドルでは心理的に買いが入るため、6営業日ぶりに上げています。ブラジル産大豆の出荷の遅れから、ブラジル産大豆キャンセルの噂もあり、米国産の供給懸念も上げた要因となっています。FOMCでは緩和継続となり出口戦略は2015年まで変わら...

ようやく春です。ウチのフクジュソウが咲きました。シカゴ大豆18日 5月限14091/2(-161/2)7月限13941/2(-161/4)1月限12631/4(-21/2)1ヶ月振りの安値となっています。産地中西部では低温の気候となっており、大豆にとっては良い状況。今年の天候は大豆にとっては理想的となっています。期近は2月13日の13,93を抜けて来るか、抜けて来るなら中国の動きが気になります。ドル円 O95.30...

シカゴ大豆15日 5月限1426(-91/2)7月限14103/4(-51/4)1月限12653/4(+2)南米産大豆の収穫が進展してること、米国の圧砕高統計が不振だったことから下げています。米国生産者調査では2013年の大豆作付面積は過去最高となる7832万4000エーカーとなる見込みです。ドル円 O96.10 高96.27 安95.08 C95.30(一日内高安1.19・前日比0.80円高)...

シカゴ大豆14日 5月限14351/2(-111/2)7月限1416(-9)1月限12633/4(-23/4)中国では搾油マージンが低下していることから需要が減退しているという情報や、南米ブラジル産の収穫が進んでいることなどから3日連続で下げています。米国農務省が発表した週間輸出成約高も低水準となっています。ドル円 O96.10 高96.59 安95.68 C96.09(一日内高安0.91・前日比0.01円高...

シカゴ大豆13日 5月限1447(-213/4)7月限1425(-203/4)1月限12661/2(-61/2)中国の需要減退観測や、南米産大豆の収穫が進んでいることで米国北西岸の現物価格が下げてきていることなどから続落しています。今年の春の米国産地では、旱魃により大きな被害が出た昨年と比べると良い方向に進んでいるという予測となっているようです。中国全人代では習近平氏が正式に国家主席に選出されましたが、習近平...

シカゴ大豆12日 5月限14683/4(-103/4)7月限14453/4(-9)1月限1273(+1/2)南米産大豆の収穫が進んでいることや、テクニカルな売りもあって下げています。アルゼンチン産地南部では降霜の可能性。為替相場は円売りが日銀の追加緩和の協議に関する報道もあって進んでいます。方向性が変わることは難しいと思われますが、何があるか分かりません。ドル円 O96.28 高96.70 安95.64 C9...

シカゴ大豆11日 5月限14791/2(+81/2)7月限14543/4(+71/2)1月限12721/2(-01/2)ブラジル産大豆の荷役遅延から輸出需要が米国産へと移るという見方や、米国株などのリスク志向が強まる形から上げています。ブラジル産大豆は48%の収穫終了。米国中西部産地では降雪や降雨により土壌水分は回復傾向となっています。ドル円 O96.05 高96.36 安95.95 C96.28(一日内高安0.41...

シカゴ大豆8日 5月限1471(-21/2)7月限14471/4(-61/2)1月限1273(-73/4)USDA需給報告では米国産2012~13年産大豆期末在庫の下方修正が予想されていましたが、予想外の変わらずであったことから下げています。世界の2012~13年の大豆の期末在庫は6021万トンに上方修正となっています。コーンなど他の作物は堅調維持であったことで下げ幅は縮小。南米アルゼンチンの大豆は150万トンの...

シカゴ大豆7日 5月限14731/2(+71/2)7月限14533/4(+5)12803/4(-11/2)USDA需給報告を前に積極的な取引は控えられていますが、USDAは8日に発表で世界及び米国の期末在庫を下方修正するという見込みです。株式市場は世界中が低金利であり、株での運用で高利回りを期待している中で史上最高値を更新している様にリスクマネーが余っている状況です。ドル円 O94.09 高95.10 安93.79 C9...

シカゴ大豆6日 5月限1466(-01/2)7月限14483/4(+1)1月限12821/4(+31/4)USDA需給報告を前にポジション調整の動きとなりましたが、大豆は下げ渋っています。米国中西部は吹雪で土壌水分は改善の予測ですが、コーンはこれから播種が始まるため弱材料となり大幅に下げています。南米アルゼンチンの大豆産地では寒さが緩んでいること弱材料に。ドル円 O93.28 高94.10 安93.00 C94.0...

シカゴ大豆5日 5月限14661/2(+41/2)7月限14473/4(+41/2)1月限1279(+61/4)ブラジル産コーヒーの豊作見通しや小麦の上値が重かったことなどが影響して上げ幅を縮小しています。金曜日はUSDA需給報告と米国雇用統計の発表がありますが、中国の需要と南米の生産高が焦点となります。上げるか下げるか、上げ下げをして持ち合いの値動きは2009年の相場に似ています。ドル円 O93.45 高93.53 ...

シカゴ大豆4日 5月限1462(+181/2)7月限14431/4(+16)1月限12723/4(+8)中国がパーム油備蓄を140万トンと過去最高を更新したという報道もあり油糧種子は全般に上げています。南米アルゼンチンの降雨は継続しています。8日にはUSDA需給報告と米国雇用統計の発表がありますが、値を広げてくる可能性。雇用統計が改善しているようならリスク志向が強まりますが反対の可能性もあり要注意です。3月28日...

シカゴ大豆1日 5月限14431/2(-83/4)7月限14271/4(-8)1月限12643/4(+11/2)中国の経済指標が予想を下回ったこと、ユーロ史上最悪の失業率となり大幅にユーロ安ドル高が進行、先物市場全般に値が重くなっています。インフォーマ社はブラジル産大豆収穫高予想を微増の8450万トンとしています。ドル円 O92.68 高93.67 安92.45 C93.58(一日内高安1.22・前日比0.90円...

シカゴ大豆28日 3月限14741/4(+161/4)5月限14521/4(+123/4)7月限14351/4(+91/4)昨日から続伸しています。3月限の乗り換え、スプレッド取引、輸出成約高は68万トンと強気、ブラジルの船積み遅れ、ファンドは5000枚の買いなどが要因となっています。米国財政削減の850億ドルがどんな影響を市場に与えるか、ドル上昇でシカゴは重くなり、ドル売りでは堅調に。ドル円 O92.19 高92....

Appendix

プロフィール

チュウベイ

Author:チュウベイ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

GUEST

オンライン

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR